日々反省堂 

WEB漫画「青い月のストーリア」の更新など。

Category: 独り言

夏休みに突入だ! 

2017/07/24 Mon.

拍手、コメントを有難うございます^^
蒸し暑いですね~。
我が家の方では、スッキリと晴れることが少なく、一日のうち何処かしらで雨が降ってます。
こう言う天気は気合が入らないと言うか…それを理由に色々とさぼり中です(笑

さて、夏休み中の活動ですが。

・次回漫画更新は7月31日を予定。
・8月中旬まで活動お休み。

帰省で不在となりますので、お休み中はブログ巡回等もストップします。
再開は恐らく8月下旬になるかと思いますが、敢えてアナログ生活を楽しもうと思います。
こちらからのコメント等が遅くなりますが、後日お伺いしますのでよろしくお願いいたします。

今回は10日間家を空けるんですよ~。
ここ数年こんなに長く出かけたことがないので、ちょっとワクワクと言うか、楽しみです。
だけど朝顔どうしよう^^;
折角綺麗に咲き出したのに、枯らすのは惜しいなぁ。
車に積んでいくかな(笑

スポンサーサイト

edit

CM: 4
TB: --

page top

Category: 独り言

大雨! 

2017/07/10 Mon.

拍手・コメントを有難うございます^^*
とても嬉しいです^^
次回更新は17日を予定しています。
是非また覗いてやって下さい。


今日は我が家の方面では朝から大雨でした。
おとといだか、東大阪?でも110ミリの土砂降りのニュースがありましたね。
北九州でも大変な事になっているので、今朝の雨は不安なものでした。
恐らくは50ミリ程度の雨量なんだろうなぁ。
それでも、庭全体が大きな水たまりになり、所々生えている「タイム」が水中花状態でした。
100ミリを超えるって、本当に凄いのだと想像します。
まだしばらくは日本全国不安定な天気の様なので、気をつけないといけませんね。
災害地の復旧・復興が一日も早い事を祈らずにはいられません。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 独り言

旬を逃す 

2017/06/26 Mon.

拍手、コメントを有難うございます^^
漸く梅雨らしい感じになって来ました。
熱中症に気を付けて、元気に乗り越えていきたいですね。


季節はゆっくりでも確実に過ぎてしまい、待ってはくれません。
アジサイが綺麗、描きたいなと思って、じっくり自分の中で描きたい気持ちが熟すのを待つ。
でも、描き始める頃にはアジサイの季節が過ぎてしまい、素材と自分の「旬」が嚙み合わなくて困る。
とあるお絵描きさんがそんな話をされてました。
自然相手で絵を描く難しさを感じます。

漫画には季節は関係ないけれど、やる気とか興味とか移ろいやすい気持ちがその「旬」ってものに当てはまるのかな。
なんて思ってみたり。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 独り言

美女と野獣 

2017/06/12 Mon.

拍手とコメントを有難うございます^^
元気を頂いています。


先週ですが、映画「美女と野獣」を観て来ました。
ディズニーらしく、とても美しい映画で楽しかったです。
ハーマイオニー、すっかり綺麗な女性になっちゃって~。

でも一番の押しは悪役「ガストン」ですね。
徹底的に自己中で自己愛が凄い、突き抜け過ぎて、ある意味見ていて気持ちが良かったりします(笑
彼が酒場で仲間に持ち上げられ、有頂天になっている姿がナイスでした。
ミュージカルでは酒のコップを互いに鳴らしあいながらダンスをするシーンがあり、かなり見ごたえがあります。
映画では再現されていなかったけれど、十分に「ガストン」のイヤラシさが再現されていて面白かったな^^
あ、またミュージカル版を観たくなってしまった^^

edit

CM: 2
TB: --

page top

Category: 独り言

もう夏だ! 

2017/05/29 Mon.

拍手、コメントを有難うございます^^*
今日は我が家の方では真夏日! 
熱中症に気を付けつつ、創作活動に頑張っています。
次回漫画更新は6月5日を予定していますので、色々とアレな展開ですが、覗いて頂けると嬉しいです。


さて、一人映画館シリーズ第?弾をして来ました。
観たのは「メッセージ」
実はSF大好きなのですよ^^ 描けないけど。

今回の作品はかなり異色作でした。
主人公はアメリカ人の女性言語学者。
突然出現した宇宙人との意思疎通を図り、目的を探るのが彼女の役目。
宇宙船は12隻あり、各国でも同様に宇宙人との接触をしているのですが、その過程でお互いに疑心暗鬼になり、国々は断絶して行く…。
でも不思議。
物凄く緊迫したシチュエーションなのに、主人公の個人的な人生を垣間見ているような感覚なのです。
SFなのにSFでないような…。う~ん。上手く表現できない自分が悲しい^^;
私は嫌いではないですよ、こう言うの。
元は短編小説のようなので、機会があれば読んでみたいと思います。

edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-08